審美歯科

クラウン

クラウンと呼ばれる、被せ歯をご用意しています。

虫歯治療で削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。

健康保険の対象となる物と、対象外の物、様々な種類があります。

金属やセラミックなど、使用する素材によって硬さや強度が異なり、歯垢(プラーク)がつきづらいなどのメリットがある物もあります。

審美性の面でも、自分の歯のような自然な色合いが再現できたり、変色が気にならない素材などがあります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

クラウン

クラウン(被せ物、差し歯)の種類

  • クラウン
    クラウン

    奥歯のみ保険適応で、強度があるが長年使用していると黒ずむことがある。

  • 硬質レジン前装冠
    硬質レジン前装冠

    前歯のみ保険適応で、プラスチックと金属を使用。変色や黒ずむことがある。

  • ゴールドクラウン
    ゴールドクラウン

    詰め物と被せ物があり、体に優しい金属。金かプラチナの14K・18K・20Kが選べる。

  • ハイブリット
    ハイブリット

    プラスチック・セラミック・金属を使用。天然歯とほぼ同じ硬さで安価。変色や着色あり。

  • メタルボンド(ノンブレ)
    メタルボンド(ノンブレ)

    セラミックと金属を使用。強度があり、隣の歯に近い色を再現できる。

  • メタルボンド
    メタルボンド

    セラミックと金属を使用。強度があり、隣の歯に近い色を再現できる。

  • ラミネートベニア
    ラミネートベニア

    セトモノとガラス系セラミックを使用。隣の歯に近い色を再現し、透明感がある。

  • オールセラミックス
    オールセラミックス

    ジルコニアセラミックスを使用。被せ物のみに対応。隣の歯に近い色を再現できる。

ホワイトニング

歯の着色には、表面についている歯垢、歯石、ヤニや茶渋のような汚れによるものと、加齢、遺伝、生活習慣などに伴う内部の色の変化によるものがあります。表面の汚れについては、しっかりとブラッシングしたり、専門の機械で清掃することで除去できる保険治療があり、内部の変色に関しては、ホワイトニングで白くすることができます。

ホワイトニングとは、歯を傷つけることなく、歯の表面に薬剤を作用させて内部の変色を目立ちにくくして、歯を白く見せるものです。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家庭で行うホームホワイトニングがあります。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯に薬剤を塗布しレーザーなどの光を当てることで、歯を白くする方法です。

■メリット

・歯科医院で行うため、歯をクリーニングした状態で行うことができる。

・来院回数が1回~数回で歯を白くすることができる。

・歯の白さの段階を調整できる。

■デメリット

・高濃度のホワイトニング剤を使用するため、誤って歯肉につくと痛みを感じたり白く変色することがある。

・高濃度のホワイトニング剤を短期間で使用するため、歯の透明感が失われる場合がある。

・費用がホームホワイトニングよりも高くなる。

ホームホワイトニング

トレー(マウスピース)とホワイトニングの薬剤を使ってご家庭で行う施術です。

■メリット

・ホワイトニング剤の刺激が少ない。

・通院の回数が少ない。

・費用が安くできる。

・効果が長く続きやすい。

■デメリット

・効果が出るまで1週間~1ヶ月の長い時間がかかる。

・色の調整が難しい。

・家庭用治療器具のトレー(マウスピース)を使用するときに違和感を感じることがあるので、継続するには根気が必要である。

診療科目

一般歯科
口腔外科
インプラント
義歯
審美歯科
小児歯科
予防歯科
口腔がん検診

ノウチ歯科クリニック

〒286-0045

千葉県成田市並木町215-54

休診日:木曜・日曜・祝祭日

TEL:0476-24-2566
メールお問い合わせ
ノウチ歯科クリニック
  • 毎日の歯磨きについて
  • アンチエイジング
  • 母親学級